TEAM

NAME  ウ-ヴェ・ハイルマン   Uwe Heilmann  (総監督・講師・指揮)

ドイツ・デトモルト国立音楽大学にてヘルムート・クレッチュマー教授に師事。1985年よりエリザベート・シュヴァルツコップフに師事。同年、シュトゥットガルト国立歌劇場専属歌手となり、ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、ベルリン・ドイツオペラ等世界主要歌劇場に出演。1989年にはザルツブルク音楽祭デビューを果たし、ルートヴィヒスブルク音楽祭ではC.M.v.ウェーバー作曲「魔弾の射手」マックス役、更にニューヨーク・メトロポリタン歌劇場ではW.A.モーツァルト作曲「後宮からの逃走」ベルモンテ役を歌い大成功を収めた。これまでに、S.チェルビダーケ、G.ショルティ、D.バレンボイム、J.レヴァイン、N.アーノンクール、C.アバド、小澤征爾など著名な指揮者と共演している。宗教曲、リート歌手としての活動も目覚ましくCD録音は40作品以上に及び、特にF.シューベルト作曲歌曲集「美しき水車小屋の娘」は各方面より賞賛された。現在鹿児島国際大学教授、洗足音楽大学大学院客員教授、名古屋音楽大学大学院客員教授。

NAME  中村智子   Tomoko Nakamura  (講師・代表)

ドイツ国家演奏家。ドイツ・デトモルト国立音楽大学を首席で卒業、大学院修了。同大学にてヘルムート・クレチュマー教授に師事。1983年よりエリザベート・シュヴァルツコップフに師事。ドイツ学生コンクール、ザルツブルクモーツァルト国際音楽コンクール、ミュンヘン国際音楽コンクールなど上位入賞。デトモルト州立歌劇場にW.A.モーツァルト作曲「魔笛」夜の女王役でデビュー、その後シュトゥットガルト国立歌劇場専属歌手として活動するほか、ケルン歌劇場、ドレスデン国立歌劇場、エッセン歌劇場、フランス・ボルドー歌劇場で活躍。そして、1993年ウィーン国立歌劇場にてW.A.モーツァルト作曲「後宮からの逃走」コンスタンツェ役でデビューし大成功を納めた。オペラのみならず歌曲、宗教曲の分野でも幅広く活躍。CD録音にはJ.ハイドン作曲「天地創造」、L.v.ベートーヴェン作曲「第九」、J.ブラームス作曲「ドイツ・レクイエム」、B.ブリテン作曲「戦争レクイエム」等がある。現在鹿児島国際大学国際文化学部音楽学科教授。

NAME  中村かし子   Kashiko Nakamura  (講師)

ドイツ・デトモルト国立音楽大学卒業、大学院修了。1989年同大学ドイツ国家演奏家資格試験(コンサート・エグザーメン)修了後、ドイツ国家演奏家となる。これまでに声楽を、ヘルムート・クレッチュマー教授、宮廷歌手エリカ・ケート、ビルギット・ニルソンに師事。1988年にシュレスヴィーク・ホルシュタイン州立歌劇場と専属契約を結び、W.A.モーツァルト作曲「フィガロの結婚」スザンナ役をはじめ40以上のレパートリーを持ち、数多くのオペラに出演した。1990年オペラ専門雑誌「オーパン・ヴェルト」にポートレートが掲載され、更に同州立歌劇場より功績を称えられ「銀のマスク賞」が授与された。国内でも朝比奈隆新日本フィルハーモニー交響楽団特別演奏会、大阪フィルハーモニー交響楽団定期演奏会等に出演。現在鹿児島大学教育学部非常勤講師、鹿児島国際大学非常勤講師。声楽科有志の会『歌の翼に』主催、かごしま声楽研究所代表。

NAME  田中京子〈筆名 村原京子〉Kyoko Tanaka(ドラマトゥルク・制作)

東京藝術大学音楽学部楽理科卒・同大学院音楽研究科音楽学専攻修了。同大学助手を経て鹿児島大学教育学部在職31年。国公私大非常勤講師、鹿児島県音楽教育連盟会長、退官後放送大学客員教授・鹿児島国際大学教授&客員教授歴任。学術論文、音楽事典・雑誌、CD解説、プログラム解説・歌詞訳、NHKハイヴィジョン<才ベラヘの旅>監修。《電子楽譜の分析プログラムAnalysis Program for Analyzing Electronic Musical Score》日米特許取得(ソニ―助成)。みやまコンセール<音楽愛好家の華やかな一日><名画で綴る楽器の音色と音楽>、フィリアホール<楽器の饗宴で綴るビアノへの道>等のレクチャーコンサート企画・トーク。近年、鹿児島国際大学オペラ・オラトリオ公演企画(印刷物デザイン、舞台背景・字幕翻訳・プログラムノート作成)。鹿児島バロック音楽研究会主宰。鹿児島大学名誉教授。

NAME  冨松大幹   Hiroki Tomimatsu  (講師)

鹿児島国際大学国際文化学部音楽学科卒業。同大学国際文化研究科博士(修士課程)修了。声楽をウ-ヴェ・ハイルマン教授に師事。2016年よりドレスデンに留学し、オラフ・ベーア教授に師事。第62回全日本音楽コンクール名古屋大会1位、全国大会入選。第5回都城音楽祭声楽コンクール第1位グランプリ受賞。第16回「若き音楽家たちのコンサート」に出演、グランプリ受賞。第30回鹿児島新人演奏会にて、最高賞の県知事賞を受賞。平成21年度財団法人大幸財団丹羽奨励生に選出。これまでにW.A.モーツァルト作曲「魔笛」タミーノ役、「後宮からの逃走」ペドリッロ役、G.ヴェルディ作曲「椿姫」アルフレード役等オペラに出演。又、J.S.バッハ作曲「マタイ受難曲」、J.ハイドン作曲「天地創造」、W.A.モーツァルト作曲「レクイエム」、G.ヴェルディ作曲「レクイエム」等、多くの宗教曲にてソリストを勤めた。鹿児島声楽アカデミーハイルマン合唱団ヴォイストレーナー。

NAME  又吉のぞみ   Nozomi Matayoshi  (講師)

鹿児島国際大学短期大学卒業。同大学専攻科音楽演奏専攻修了。平成24年3月、独立法人大学評価・学位授与機構により、学位(芸術学)授与。鹿児島国際大学大学院国際文化研究科博士前期課程(修士課程)修了。声楽を中村智子氏に師事。第7回東京国際声楽コンクール(重唱部門)奨励賞。第26回日本クラシック音楽コンクール(声楽一般女子)本選優秀賞。これまでに、W.A.モーツァルト作曲「レクイエム」、J.S.バッハ作曲「マニフィカート」、「マタイ受難曲」にてアルトソロを勤め、G.F.ヘンデル作曲「メサイア」、L.v.ベートーヴェン作曲「交響曲第9番」にてソプラノソロを勤めた。現在声楽家有志の会「歌の翼」会員、鹿児島県文化振興財団アーティストバンク登録アーティスト、鹿児島国際大学国際文化学部音楽学科非常勤講師。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com